災害時のトイレ

「トイレぼうさいキッズ」 小学生親子向け災害時トイレの理科実験教室の活動紹介

萩中 緯枝
萩中 緯枝
無臭元工業株式会社 技術開発部 課長/管理薬剤師、博士(薬学)

2022/01/13

はじめに

初めに、無臭元工業株式会社について少しお話させていただきます。
私たちは創業60年になる老舗消臭剤メーカーです。全国官公庁施設を中心に、特殊な環境でトイレのニオイと向き合ってきました。かつての新幹線の循環式トイレの青い水は、当社の製品が最初に採用されています。最近ではトイレ以外では消臭繊維製品も展開しています。
製品以外の取り組みとして災害時の支援活動も行ってきました。2019年には避難所の仮設トイレの消臭・衛生対策を支援し、経済産業省より感謝状もいただきました。この取り組みは現在も継続して行っております。

災害時のトイレの備えを考える。自分にとっての安心トイレとは

当社は、「災害時に子ども・女性・高齢者など老若男女、全ての人達が安心してトイレを使えるトイレ環境」安心トイレと称して、取り組みをすすめています。
災害時に安心して使えるトイレ環境を考えるには、まず使う側に災害時のトイレを知っていただかなければなりません。災害時の備えに食料が思い浮かぶ方は多いと思いますが、トイレの備えが必要と思う人はどれだけいらっしゃるでしょうか?
子どもたちと保護者に向けて、科学の実験から興味や関心を持って、災害時のトイレ事情やトイレの水処理の仕組みを学習して、自分にとっての安心トイレについて考えることを目的としたイベントを「トイレぼうさいキッズ」と命名・企画しました。

「トイレぼうさいキッズ」 イベントスタート

「トイレぼうさいキッズ」は2019年より、理科実験教室のサイエンス倶楽部様にご協力いただき、防災体験学習施設「そなエリア東京」にて、小学生を対象として無料にてスタートしました。

「トイレぼうさいキッズ」では、身近なトイレに関して、「トイレで流れたものってどうなるの?」「トイレの水はどうやってきれいになるの?」という疑問を、実験を通して、トイレのその先の仕組みや震災時のトイレ対策について学ぶことができます。
『災害が起きたら』を想定して、段ボールトイレを工作することで、災害時のトイレに何が必要かを考えます。防災と科学を組み合わせた視点がとても良いと、保護者の皆さんからも大好評をいただいております。
2020年は、新型コロナが急速に広がり、4月から緊急事態宣言により1か月の臨時休校措置となりました。そこで、自宅待機されている小学生親子へ、自宅にいながら家族で楽しく学んでいただけるよう、オンライン授業を緊急企画し、5月に開催しました。
2021年は1月に石川県小松市の「サイエンスヒルズこまつ ひとものづくり科学館」に集まる小学生親子へオンライン中継授業を行いました。

水がきれいになる仕組みのデモンストレーション実験は、「サイエンスヒルズこまつ ひとものづくり科学館」のスタッフ実演とオンライン解説との連係プレーで行いました。2021年は東日本大震災から10年という節目の年、当時生まれて間もなかった子ども達も小学生です。その4年前に石川県では能登半島地震という大きな地震があったことも紹介し、当時の様子を振り返りました。

災害が起きたときには、一人ひとりの知恵がその人自身を守ります。その知恵を子どもたちに身に着けていただきたい、科学の実験から興味や関心をもって、災害時にトイレが使えなくなったらどうすればよいのかを考えてもらいたい。当社は理科実験教室「トイレぼうさいキッズ」がそのきっかけとなることを願っています。
取り組みは、J-waveの番組や現地新聞、ヤフーニュース等にも取り上げていただきました。

参加者の声

子ども達から、たくさんの感想をいただいております。

参加してくださった保護者からも、
「災害の時に実はかなりストレスになるであろうトイレのことを知れてよかったです。」
「災害のとき、何を用意すれば良いか、ヒントになりました。準備しようと思います。」
「台風が多くて、いつ電気や水がダメになるかわからないので、トイレの作り方はとてもタメになりました。」
等、災害時のトイレ対策について気づきを得てくださった声を多くいただきました。

今後の展望

トイレぼうさいキッズは、子ども達と保護者が自分にとっての安心トイレを考えてもらうイベントとしてスタートし、2021年11月には、実践性・継続性・⼩学⽣への教育という⾯で将来を意識した発展性、また地域と連携した取り組みである点からも特に優れていると日本トイレ研究所より高い評価をいただき、日本トイレ大賞グランプリを受賞致しました。
ご協力いただきました多くの皆様に多大なる感謝を申し上げます。

次は高齢者向け福祉イベントなども実施してみたいと考えております。
安心トイレ計画は自社のみではやれることではありません。自治体やその他皆様とのご協力のもとにやってみたいと考えておりますので、ご興味のある方は是非お声がけください。

萩中 緯枝
萩中 緯枝
無臭元工業株式会社 技術開発部 課長/管理薬剤師、博士(薬学)

技術開発部にて、消臭繊維製品、災害時トイレ製品の開発や「安心トイレ」の普及活動等に取り組んでいる。2019年に「トイレぼうさいキッズ」を企画し、イベントを継続展開。小5の息子がおり、育児と仕事を両立。

PICK UP合わせて読みたい記事