うんちweek

【おなかにいいレシピ】きのこ入りハンバーグトマト煮こみ

日本トイレ研究所
日本トイレ研究所
Japan Toilet Labo.

2022/11/09

NPO法人日本トイレ研究所は「うんちweek2022」に合わせ、女子栄養大学栄養クリニック春日千加子さん(博士(栄養学)・管理栄養士)の協力のもと、子どもでも食べられる食物繊維レシピを作成しました。

食物繊維といえば、「便通改善」のイメージが強いですが、腸内環境を整えることで免疫力を高めたり、糖質の吸収を抑えることで太りにくくする効果があることが分かっています。

今回は家庭の定番メニューをアレンジした、レシピ4品を紹介します。

きのこ入りハンバーグトマト煮こみ

【材料】(2人分)

(A)
・合い挽き肉         150g
・えのきだけ(みじん切り)  100g(1袋)
・玉ねぎ(みじん切り)    1/4個
・たまご           1個
・パン粉           大さじ4
・牛乳            大さじ2
・塩             小さじ1/4
・こしょう          少々

(B)
・水             50ml
・カットトマト        150g
・トマトケチャップ      大さじ 1・1/2
・砂糖、顆粒コンソメ     各小さじ1

・油              小さじ2
・とろけるチーズ        大さじ2
・ブロッコリー(ゆでたもの)   適量

 

【作り方】

1. ボウルに(A)のえのき以外の材料を入れ、粘り気が出るまでよく練り混ぜる。

2. えのきを加え、さらに混ぜる。2等分し、小判形に整える。

3. フライパンに油を入れ中火で熱し、2を並べ、2~3分ほど焼いて、焼き色が付いたら裏返し、1分ほど焼き、ふたをして弱火で3分ほど蒸し焼きにする

4. フタを取り、余分な油を拭き取ったら(B)を加えて混ぜ、ハンバーグにソースをかけながら弱めの中火で5分ほど煮る。火を止め、ハンバーグの上からチーズをふりかけフタをして、チーズが溶けたら盛り付ける。

5. ゆでたブロッコリーを添える。

【おなかにいいポイント】

ハンバーグのたねにえのきをふんだんに混ぜ込んでいるので旨味もアップ。えのきの食感はほとんど感じないので、きのこの苦手な子どもでも食べられます。トマト煮込みにするとさらに美味しく仕上がります。えのきは食物繊維が豊富できのこの中でも優等生。腸内環境を整え、満足感もあるヘルシーなハンバーグです。

≪監修:女子栄養大学栄養クリニック春日千加子氏(博士(栄養学)・管理栄養士≫

おなかにいい情報発信中!
▶うんちweek2022特設サイト

 

日本トイレ研究所
日本トイレ研究所
Japan Toilet Labo.

「トイレ」を通して社会をより良い方向へ変えていくことをコンセプトに活動しているNPOです。トイレから、環境、文化、教育、健康について考え、すべての人が安心しトイレを利用でき、共に暮らせる社会づくりを目指します。

PICK UP合わせて読みたい記事